低年式車の売却が可能な近畿トラック販売とその理由

車の査定には様々な基準がありますが、その中でも重要度が高いのは年式です。走行距離なども比較的重要度が高いですが、それよりも年式が優先される事が多いですね

 

一般的に10年落ちの車などは、やはり買取が難しくなる事が多いです。タマ数などの問題によって、業者によっては有料引き取りになってしまう事もあるのです。社用車などでも、そのような傾向があります。

 

しかし10年落ちの車でも、高く買い取ってくれる業者があるのもまた事実です。ですので低年式車を売るような時には、業者の選別はとても大切ですね。

 

参考サイト
モビリオの買取査定

 

10年落ち車でも高く買い取ってくれる近畿トラック販売

 

では具体的にはどの業者ならば低年式の車を買い取ってくれるかと言うと、例えば近畿トラック販売です。その業者の公式サイトを見てみても、それは明らかですね。

 

例えばある時には、ある有名なメーカーによって作られている社用車の買取を行っていますが、年式は平成14年になります。ほぼ10年落ち前後なのですが、近畿トラック販売ではその車を140万円近くで買い取っていたようです。140万という数字は、車買取の額としては高めですね。

 

それともっと大きな金額で買い取られている事例もあり、500万円台です。その車も、年式は平成14年です。500万というのは、トラックの買取金額としてはかなり高い方です

 

独自のルートで低年式の車を高く買い取れる

 

それだけ高く買い取れる理由は、恐らく売却ルートだと思います。独自のルートを持っていますし、海外に対するルートもありますね。海外では日本車が高く評価されている事も多いのですが。

 

いずれにせよ近畿トラック販売では低年式車の高額売却が成立している訳です。10年落ちの車などを少しでも高く売りたいならば、その業者はオススメです。