一部の業者が多くの売上を占めている中古車の買取の業界

中古車業界では、一部の会社が多くの売り上げを生み出しているのが現状のようです。大手企業ほど多くの売り上げを達成しているのが、実情のようですね。

 

ケーユーとUSSの売上高

 

例えば中古車の業者の1つに、ケーユーという会社があります。主に外車などを販売している業者のようですね。
その業者の売上高ですが、全ての中古車の業者の中では、第3位という状況のようです。つまり車買取の業界の中では、その業者によるシェアが3位になっているようですね。ちなみに去年1年間の売り上げですが、610億円クラスだったようです。
では第2位の業者はどこなのかというと、USS社ですね。その会社は、中古車業界とは非常に大きな関わりがあります。
車買取店は、来店客の車をオークションに流している場合があります。車による利益の為にはかなり重要な競売システムなのですが、そこを運営している会社が第2位という状況だそうです。ちなみにその会社の年間売上高ですが、680億円近くという状況だったようです。

 

現時点ではシェア1位のガリバー

 

では中古車買取の業界でナンバーワンの業者はどこかというと、ガリバーです。車の売却を検討している方々にとっては、誰もが一度は聞いた事がある会社ですね。あのガリバーの売上高が全社中1位なのですが、絶対数字も相当高いですね。1,700億円近くなので、中古車に関わる他の業者を圧倒している状況です。
個人的にこの業者の第1位の状況は、もうしばらく継続するのではないかと考えています。買取のサービスの内容も案外充実していますし、ガリバーならばその売上高をしばらくキープできるでしょう。

このように現在の中古車の買取に関わるお店のシェアは、一部の上場企業などが大多数を占めているのが現状のようですね。